全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

特別企画「エネルギーを考える」公開中

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタグループ8社 風土改革に本腰 相次ぐ不正で原点回帰

デンソーは品質問題を受け、原点に立ち返る方針を示した(オンライン会見)
デンソーは品質問題を受け、原点に立ち返る方針を示した(オンライン会見)
 トヨタグループは、グループ内で相次ぎ発覚した認証不正問題に強い危機感を示している。2日開催のグループ8社の決算記者会見で、各社の幹部は「現場が正しく声を上げ、止めるべきことを止められる風土にする」(アイシン・伊藤慎太郎取締役副社長)などと強い決意を示した上で、抜本的な風土改革に取り組む姿勢を強調した。

立ち返り
 「再発防止の取り組みを徹底する」
 豊田自動織機の高木博康執行職はこう話し、エンジン認証不正問題への決意を誓った。
 同社ではエンジン不正問題に関し、新たに自動車用ディーゼルエンジンでも法規違反が発覚。すでに問題が明らかになった昨年3月以降、開発と認証部門の分離、法規認証の専門部署の発足など、矢継ぎ早に対策をとってきた。高木氏は「品質監査の機能やコンプライアンス(法令順守)の活動を強化している。特別調査委員会からの提言も踏まえ、これからも取り組みを進める」と強調する。
 デンソーの松井靖副社長も「これまで『品質のデンソー』と自負してきたが、これが揺らいでいる、と強く自覚している」と、率直に語る。
 不正ではないが、同社製燃料ポンプの不具合に伴い完成車メーカーの間でリコールが広がる事態に見舞われているからだ。松井氏は「(リコール拡大は)当社の知見が及ばなかった部分があると反省している。品質のデンソーに立ち返り、まずは信用回復に努める」と話す。
新ビジョン
 一部のグループの不正を受け、各社は品質確保やコンプライアンスを徹底する社内体制の改革に取り組んでいる。
 豊田合成は1月、新しい部署・法規認証室を立ち上げた。製品の開発から量産まで法規に適合しているか否かを一気通貫で確認する体制を整えるという。愛知製鋼も4月にコンプライアンス強化のため「リスクマネジメント本部」を設立する。
 さらに、相次ぐ不正の背景には、風通しの悪さを指摘する声も。トヨタ自動車の豊田章男会長は1月30日、新しいビジョン「次の道を発明しよう」を発表。正しいものづくりへの原点回帰を訴えた。
 トヨタ紡織の岩森俊一取締役執行役員は「不正を他山の石とし、風通しの良い風土づくりに取り組む。新ビジョンの心構えを見失っていないか、未来への種まきができているのか議論を始めている。加えて社員への浸透活動も検討している」と話す。
 ジェイテクトは昨年から全社的に社内総点検を進め、潜在的な問題を洗い出してきた。立花昭人経営役員は「不正が起こる要因は職場風土にある」ときっぱり。率直かつ円滑なコミュニケーションを行える職場風土づくりに加え、「新ビジョンを受け、社員一人一人が自ら考えて行動できるよう促したい」(立花氏)考え。
トヨタグループの風土改革や新ビジョンへの受け止め
デンソー 松井靖副社長
「品質のデンソー」に立ち返る
豊田自動織機 高木博康執行職
新ビジョンをみんなで
議論し組織に展開したい
アイシン 伊藤慎太郎副社長
止めるべきことを
止められる風土に
トヨタ紡織 岩森俊一取締役執行役員
不正を他山の石とし
風通し良い風土づくり
豊田合成 安田洋副社長
法規・認証の取り組みを
全社で強化
愛知製鋼 中村元志副社長
現場の声に耳を傾け
問題あれば立ち止まる
ジェイテクト 立花昭人経営役員
新ビジョンを受け
社員一人一人の行動を促す
豊田通商 岩本秀之取締役
安全とコンプラが仕事の
入り口。改めて社内に浸透

全文1373文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2024年2月3日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
ハノーバーメッセ
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス

会社概要メニュー

Bqey

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年4月5日(金)~7日(日)
第3回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。