全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

中経オンライン入会初月無料

新聞購読のお申し込みはこちら

2030年に4割増の2100店舗体制へ 壱番屋が長期ビジョン

名古屋証券取引所で会見する葛原社長
名古屋証券取引所で会見する葛原社長

 カレーチェーン「CoCo壱番屋(ココイチ)」などを展開する壱番屋(本社一宮市)は9日、2030年2月期にグループ店舗数2100店を目指す長期ビジョンを策定したと発表した。24年2月期末は1458店の見込みで、4割以上増やす。主力のココイチは、国内で駅ナカなど新しい出店場所の開拓に取り組む一方、海外ではオーストラリアなど新規エリアへの進出を狙う。

 2100店の内訳は、国内で1400店(24年2月期見込みは1228店)、海外で500店(同214店)、M&A(企業の合併・買収)で200店(同16店)を計画。中間地点の27年2月期末までに、国内1300店舗、海外300店舗、M&A60店舗の計1660店舗を目標にする。

 国内は、ココイチを中心に増やす。海外は、中国で不採算店を閉鎖し立て直しを急ぐとともに、オーストラリアや米グアム、フランス、ドイツなど新規エリアへの出店をもくろむ。

 30年2月期のグループの店舗売上高は、24年2月期見込み比75・2%増の1840億円、連結営業利益は2・0倍の100億円を目標にする。記者会見した葛原守社長は「食のエンターテインメント企業を目指す。家族で楽しめるレストランを軸に、M&A案件の探索も継続していく」と話していた。

全文530文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2024年1月10日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
業務効率化総点検
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ