全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

中部経営者の自伝「マイウェイ」

新聞購読のお申し込みはこちら

アイサンテクノロジー 自動運転バス「レベル4」めざす 来月から実証実験

三重、愛知県で実証実験を開始する(右は小型EVバス「Minibus」)
三重、愛知県で実証実験を開始する(右は小型EVバス「Minibus」)

 測量・土木関連のソフトウエア開発、販売などを手掛けるアイサンテクノロジー(本社名古屋市)は22日、津島市の名鉄バス津島営業所で、12月から三重、愛知両県での実証実験で使用する自動運転バス(大型、小型)2台を公開した。実証実験では、アクセルやブレーキが自動の「レベル2」から始め、2025年度をめどに一定の条件下で無人運転が可能な「レベル4」の社会実装を目指す。

 公開した車両は、いすゞの大型バスを改造した車両と、小型電気自動車(EV)バス「Minibus」(ティアフォー製)の2台。高性能センサーのLiDAR(ライダー)で、人や車両を感知して自動運転を実現する。Minibusは、24年をめどに自動運転レベル4で車両認可を取得する計画で、いち早い社会実装を見込む。

 アイサンテクノロジーの佐藤直人取締役は「自動運転バスの社会実装が現実味を帯びてきた。自治体、交通事業者などへの車両販売や提案を強化したい」と話した。

 政府は、官民一体で推進する「RoAD to the L4」プロジェクトとして、レベル4の無人自動運転サービスの導入を25年度までに50カ所以上、27年度までに100カ所以上とする目標を掲げている。

全文507文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年11月24日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年5月18日(土)~19日(日)
エコカースタイル in オアシス21

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

EVなど最新技術を搭載したエコカー展示を行い、未来のモビリティライフを垣間見れる展示会

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。