全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

中部経営者の自伝「マイウェイ」

新聞購読のお申し込みはこちら

中部シンものづくり (1) 第1章 部品メーカー、迫られるEV対応 「10年後、仕事が半減」 危機感から構造転換急ぐ

福寿工業はモーターシャフトの量産を開始した
福寿工業はモーターシャフトの量産を開始した

 「10年後には仕事量が半減する」。愛知県内のある排気系部品メーカーの社長は、納入先の調達担当者からこう通告された。

戸惑い

 長年にわたり2次メーカーとして中部の自動車生産を支え、顧客との信頼関係も築いてきたと自負してきただけに、突然の通告に戸惑った。数年前に新規事業を始めたが、赤字が続いている。同社の社長は「経営資源も限られる。だらだらと挑戦できない。同業との経営統合も含めて身の振り方を考えなければならない」と苦渋の表情を見せる。

 「池のコイのように口を開けていれば、仕事が降ってくる時代は終わった」。自動変速機(AT)部品メーカーの社長も危機感を示す。開発力と営業力を磨き、自社技術を積極的に顧客に売り込み、電動化製品の新規受注を目指している。しかし「これまでは顧客の設計した製品を正確にスピーディーに製造するのが当社の『仕事』だった。提案営業の難しさに悩んでいる」と肩を落とす。

試金石

 一方で、前に進むことを決断した会社もある。
 「絶対に成功させないといけない」。自動車部品メーカーの福寿工業(羽島市)の高木豊社長(64)は、9月に本社工場で量産を開始した「モーターシャフト」に関し、ややプレッシャーを感じているようだった。生産ラインには先駆的なデジタル技術を取り入れ、品質不良が生じないよう目を光らせている。

 モーターシャフトは、ハイブリッド車向けに納入しており、将来的には電気自動車(EV)向けにも応用できると期待している。電動化分野の今後の受注拡大への試金石になると位置付けている。

 EVの急速な普及に対する焦りは強い。同社はこれまで燃料噴射装置や吸排気装置の部品、変速機の構成部品など主にガソリンエンジン車向け部品を手掛けており、仮に自動車が全てEVになれば「大半の部品が無くなる」(高木社長)からだ。

 モーターシャフトの生産を始めた工場は、実はもともと別のプレス部品を造っていた。将来性に加え、採算性にも課題を抱えていたことから新規受注を取り止めることにした。将来への危機感が、電動化に伴う構造転換へ突き動かしている。

 ◇  ◇  ◇
 世界的なEVシフトや自動運転、カーボンニュートラルなど、自動車業界で変革が進んでいる。これまで内燃機関車の生産を支えてきた地元の部品メーカー各社も、事業転換を迫られている。各社の生き残りをかけた挑戦を紹介する。

全文982文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年10月23日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
ハノーバーメッセ
防犯カメラ買うなら塚本無線
愛知県雇用労働相談センター
アラジンオフィス

会社概要メニュー

Bqey

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年4月5日(金)~7日(日)
第3回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。