全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

特別企画「エネルギーを考える」公開中

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ、4工場5ライン23日再開

タグ
トヨタ自動車高岡工場=豊田市
トヨタ自動車高岡工場=豊田市
 トヨタ自動車は、中央発条の工場爆発事故の影響に伴い停止している車両工場で、週明け23日にトヨタ自動車東日本(宮城県)の2工場など4工場5ラインの生産を再開する。中央発条の代替生産が急ピッチで進んでいるためだ。ただ、トヨタ車体の吉原工場(豊田市)やいなべ工場(いなべ市)など6工場8ラインの稼働は引き続き停止する。全面再開する時期はなお不透明のままだ。

 16日に中央発条で事故が発生して、23日で丸1週間を迎える。
 23日再開するのは、高岡工場(豊田市)の1ライン、トヨタ車体富士松工場(刈谷市)の1ライン、トヨタ東日本の宮城大衡工場(宮城県)と岩手工場(岩手県)。
 23日に停止するのは、トヨタ車体の工場に加え、高岡工場の1ラインや豊田自動織機の長草工場(大府市)などだ。スポーツタイプ多目的車「RAV4」や高級ミニバン「アルファード」など幅広い人気車種の生産に影響が出ている。
 24日の稼働は、再び23日午後に判断する予定だ。
 一部ライン再開の一報を受け、ある1次部品メーカー社長は「もっと長引くことを覚悟していたが、一部ラインでも再開してくれて非常に助かる」と話す。
 その半面、「停止している工場がいつ再開されるのか心配だ」(三河地域の部品メーカー社長)との声も。
 トヨタグループへの影響も続き、豊田自動織機は長草工場の稼働停止に伴い、搭載されるエンジンで一部生産を調整。またアイシンも18日夜勤から、自動変速機(AT)などさまざまな部品の生産をライン単位で調整している。
 また、影響は販売現場にも及びそうだ。東海地方のトヨタ系販売店には、トヨタから「車両の出荷が遅れる可能性がある」と連絡が入ったという。営業の担当者は「心待ちにしていたお客さまにやっと納車できる、というタイミングだった。さらに遅れる場合、お客さまに大変申し訳ない」と不安な表情を見せる。

全文781文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年10月21日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
業務効率化総点検
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ