全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

特別企画「エネルギーを考える」公開中

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタグループ8社決算、4社が最高益更新

全8社の純利益が増益だった(写真はデンソーの会見)
全8社の純利益が増益だった(写真はデンソーの会見)
 トヨタグループ8社が成長を持続させている。28日発表した2023年4~6月期決算は、全8社の純利益が増益だった。豊田自動織機やトヨタ紡織など4社は純利益で過去最高を更新。主得意先であるトヨタ自動車の4~6月の世界生産が前年同期に比べ2割増と急伸したためだ。円安も寄与した。ただ、足元では中国に加え、アジアの経済減速が新たな懸念材料として浮上している。

予想以上
 各社の決算会見で「車両生産に関して、もともと慎重にみていたが、足元で好調。この好調ぶりが続けば通期業績が上振れる」(デンソー・松井靖副社長)、「グローバルに車両生産の回復が進んでいる。想定以上だ」(トヨタ紡織・岩森俊一取締役執行役員)との声が相次いだ。各社の期初予想以上に得意先の生産が伸びたようだ。
 トヨタ紡織の地域別セグメント収支でみると、アジア・オセアニアや中国事業の営業利益が2桁増になった。日本や北中南米、欧州・アフリカの営業損益も赤字から黒字に転換できた。
 豊田自動織機も、自動車事業の営業利益が2・3倍の127億円だった。電動車に搭載するカーエアコン用電動コンプレッサー、車載電池やDC―DCコンバーター(直流電圧変換器)など電子機器が好調に推移したためだ。
原価低減
 トヨタグループのお家芸といえる原価低減努力も健在だ。アイシンでは、製造現場を中心とする原価低減など「企業体質改善」で120億円分の収支改善効果を捻出したという。伊藤慎太郎副社長は「グループ全体で無駄な重複業務を統合し、固定費を減らしている。さらに現場で1秒1滴1グラムの改善を地道に積み重ねている」と強調する。
 また、為替が円安に振れていることも、収支改善の追い風となった。4~6月は1ドル=137円、1ユーロ=149円とそれぞれ7円、11円の円安に。デンソーで45億円、豊田自動織機で44億円、アイシンで33億円、ジェイテクトで21億円の利益増につながった。
配当修正
 24年3月期通期は6社が増収、全8社が純利益で増益を予想する。足元の好業績を受け、トヨタ紡織や愛知製鋼など4社が純利益を上方修正した。
 加えてデンソー、愛知製鋼、豊田通商の3社は早々と年間配当も引き上げた。
 ただ、中国やアジアの減速がリスク要因に。デンソーの松井氏は「タイで(車を購入する際の)ローン審査が厳格化され、やや弱含み」と心配している。また、豊田合成の安田洋副社長も「半導体不足の影響により、インドで日系メーカーの生産が計画に比べて下振れしている」と不安視しているようだ。

全文1048文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年7月29日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年5月18日(土)~19日(日)
エコカースタイル in オアシス21

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

EVなど最新技術を搭載したエコカー展示を行い、未来のモビリティライフを垣間見れる展示会

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。