全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

中部経営者の自伝「マイウェイ」

新聞購読のお申し込みはこちら

あづまフーズが新工場建設、水産加工品など増産

新工場の完成イメージ
新工場の完成イメージ
 業務用食品メーカーのあづまフーズ(本社三重県菰野町永井3095の45、中島隆社長)は、本社工場の南側に新工場を建設する。総投資額は30億円以上。1966年の創業来最大の投資規模となる。2024年2月の完成予定で、生産能力を現行の2倍以上に引き上げる。生のタコをワサビなどで和えた総菜「たこわさび」などの水産加工品や、プラントベース(植物由来)食品などを増産し、国内外の需要増に対応する。(四日市)

 現在建設中の新工場は2階建てで、延べ床面積は約9500平方メートル。既存の本社工場から生産品目の9割ほどを移管する。主力の水産加工品を中心に植物原料で作った「まるで魚」シリーズなどのプラントベース食品などを生産する。油を使う揚げ物やおせちなどの季節商品は既存工場でつくる。
 新工場と既存工場を合わせた本社全体の生産能力を現行比2倍以上の年間3千トンに引き上げる。
 新工場では包装ラインに省人化設備を積極的に導入し生産効率を高める。輸出商品もつくることから、食の品質管理を一段と強化する。食品安全の国際組織「世界食品安全イニシアチブ(GFSI)」の認証取得を目指す。
 あづまフーズの23年5月期売上高(単体ベース)は、約39億4500万円だった。前年同期比1割以上の増収で、過去最高を更新した。国内外で水産加工品を中心に販売数量を伸ばしたほか、原材料高などに伴う商品の値上げが寄与した。
 水産加工品は日本食ブームを背景に輸出が好調。また、プラントベース食品は環境配慮の観点から、国内外で需要の高まりが期待できる。畠中章雄執行役員は「新工場開設を機にさらなに拡販していきたい」と話す。5年後をめどに売上高を50億円に引き上げる目標だ。

全文715文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年7月22日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年5月18日(土)~19日(日)
エコカースタイル in オアシス21

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

EVなど最新技術を搭載したエコカー展示を行い、未来のモビリティライフを垣間見れる展示会

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。