全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

中部経営者の自伝「マイウェイ」

新聞購読のお申し込みはこちら

日本ガイシ、車いすテニス支援 屋内練習場を新設 24年6月、名古屋のクラブに

屋内テニス場の完成予想図
屋内テニス場の完成予想図
 日本ガイシ(本社名古屋市)は、子会社が運営するテニス場「諸の木テニス倶楽部」(名古屋市緑区)の敷地内に屋内テニス場を新設する。6月に着工し、来年6月に完成する予定。車いすテニス支援の一環で、バリアフリーを考慮した設備とし、予約も車いすテニス競技者を優先的に受け付ける。車いすテニス競技者の、練習場が少ないといった課題の解決につなげる狙いだ。

 新設する建屋は鉄骨造り平屋建てで、面積は2300平方メートル。ハードコート2面のほか、シャワーや多目的トイレ、トレーニングスペースも設ける。施設内部は車いすでの移動を考慮し、コートの左右に幅を持たせる。
 加えて、バウンド2回までの返球が認められる車いすテニスのルールに合わせ、ベースライン後方には8メートルの奥行きを確保する。
 近年、車いすテニスは国枝慎吾元選手の活躍などもあり、認知度が向上した。ただ、練習環境の少なさがいまだ課題となっている。
 日本のテニスコートの多くは、管理が容易で、コンクリートに人工芝を敷いた「オムニコート」が一般的。しかし車いすテニスでは、人工芝にタイヤが沈み、方向転換が難しくなる。そのため競技者は、表面が硬い、ハードコートを練習場として選ぶ。また世界的な大会でもハードコートでの試合が一般的だ。
 日本ガイシは車いすテニス競技者の練習環境確保に向け、20年ごろから支援を開始。諸の木テニス倶楽部は同年7月、屋外の人工芝のコート2面をハードコートに改修し、車いすテニスの競技者に優先的に貸し出しを実施している。また22年度には、土のコートであるクレーコートを整備したほか、クラブハウスも改修しバリアフリー化した。
 選手の活動費の支援も行っている。ジュニアを含む、世界ランキングの上位者らを対象に国内外の遠征費、コーチ帯同費などを支援している。
 日本ガイシの三村〓(琢)総務部長は「トップ選手でも練習場の確保に苦労しているという。屋内の練習場も設けることで、天候に左右されず安定して練習できる環境を提供できる」と強調する。

全文846文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年5月20日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年5月18日(土)~19日(日)
エコカースタイル in オアシス21

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

EVなど最新技術を搭載したエコカー展示を行い、未来のモビリティライフを垣間見れる展示会

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。