全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

特別企画「エネルギーを考える」公開中

新聞購読のお申し込みはこちら

バイクの魅力広く発信 名古屋モーターサイクルショー閉幕

多くのバイクファンでにぎわった会場
多くのバイクファンでにぎわった会場

 中部地方最大の二輪車の祭典「第3回名古屋モーターサイクルショー」が7日、閉幕した。常滑市の愛知県国際展示場(アイチスカイエキスポ)で5日から3日間の会期で開催し、期間中はバイクファンら4万人以上が来場した。

 ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーをはじめ、米ハーレーダビッドソン、独BMW、伊ドゥカティなど計13社20ブランドが新型車やコンセプトモデルを紹介した。

 関連用品を扱う110社・団体も出展し、愛車の魅力をアップするカスタムパーツや安全・防犯グッズなどをアピール。自動車部品の技術を用いて丈夫さと軽量化を両立したアイシン高丘(本社豊田市)の防犯用二輪ロック、ピットガレージダクト(本社名古屋市)の前後同時撮影が可能なバックミラー内蔵型ドライブレコーダーなどが関心を集めた。

 屋外で行われたフリースタイルモトクロスのイベント「FMX SHOW CASE」では、4人の選手が空中でシャチホコなどのポーズを次々と決めた。観客を沸かせた鈴木大助選手は「自分たちも最高に楽しめました」と達成感を口にしていた。

全文460文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2024年4月8日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
業務効率化総点検
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ