全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

中経オンライン入会初月無料

新聞購読のお申し込みはこちら

取材ノート 成長目指す企業の熱意伝える

 ■小売り、卸売りなど流通業を担当することになった。大丸松坂屋百貨店などを運営するJ・フロントリテイリングが発足した、2007年に担当して以来の復帰となった。変化の激しい流通業界をまた一から学んでいきたい。
 バローホールディングスの田代正美会長兼CEO(最高経営責任者)と久しぶりにお会いし、取材させてもらった。以前と変わらない、商売に対する熱量に圧倒された。グループの売上高に相当する営業収益は8千億円に迫る規模であり、経営トップとしての言動に勢いがあった。
 印象的だったのは、勝つことへのこだわりだ。主力の食品スーパーは「人の多い場所に出店していく」と強調。同業他社やドラッグストアなど異業種との競争の激しい場所で、あえて勝負に出るらしい。「何でもそうだが、競争がないと会社は駄目になる。競争は絶対に必要だ」と語り、関西など人口密集地への出店戦略を熱く語っていただいた。
 競争なくして成長なし。厳しい環境に身を置き、創意工夫で成長を目指す中部企業の熱意を伝えていこうと思う。
 ■菊地治滋(きくち・はるしげ)47歳。群馬県草津町出身。エネルギー、鉄道、流通、財界を担当。初詣で引いたおみくじは中吉だった。願い事は「急には無理。ひかえてよし」とあった。誠意を持って、丁寧に取材活動を進めていこう、と気を引き締め直した。

全文559文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2024年1月29日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
業務効率化総点検
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス
AIセミナー

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ