全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

特別企画「エネルギーを考える」公開中

新聞購読のお申し込みはこちら

名古屋市内の新築分譲マンション 8月平均6389万円 2カ月連続で6千万円越え

 総合広告業の新東通信(本社名古屋市)は3日、8月の東海3県(愛知、岐阜、三重)新築分譲マンションの販売動向調査結果を発表した。名古屋市内の平均価格は前年同月比38・9%増の6389万円。地下鉄東山線の宅地物件などが価格を押し上げ、2カ月連続で6千万円を超えた。

 名古屋市外の平均価格は3・9%減の4209万円。前年同月比では減少したが、2022年8月以降13カ月連続で4千万円以上と高騰が続いている。東海3県の平均価格は29・8%増の5885万円だった。

 東海3県の初月成約率は8・8%減の65・6%。好調の目安とされる70%を割り込む月が22年11月以降、10カ月連続で続いている。マンション価格の高騰が市場全体の成約率を押し下げているとみられる。

全文326文字

記事をもっと読むには・・・

【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い
【購読のご案内】中経を読んでいる会社は強い

2023年10月5日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
業務効率化総点検
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス

会社概要メニュー

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ