全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

環境特集
気候変動が生む新たなアパルトヘイト

海面上昇による洪水被害が深刻化しているバングラデシュ
海面上昇による洪水被害が深刻化しているバングラデシュ

1度上昇による貧富格差の拡大

世界各地で異常気象が頻発している。ハリケーンや集中豪雨、干ばつは温暖化との関連が指摘され、対策を求める声が高まっている。昨年12月、地球温暖化対策を話し合う国連の会議「COP25」では、危機感を強める世界の若者たちが声を上げた。そこで出たキーワードのひとつが「気候アパルトヘイト」だ。
アパルトヘイトは本来、アフリカーンス語で「分離」「隔離」を意味し、かつて南アフリカ共和国で行われていた人種隔離政策を指す。人口の2割に満たない白人支配層が、政治、経済、文化などあらゆる分野にわたって残り8割強の非白人を差別した。気候アパルトヘイトは、こうした負の意味合いを、温暖化による貧富格差になぞったもの。ひいては人種差別と同じような事態になりかねないと強い危機感が込められている。気候変動の原因を作った先進国が経済力で自然災害から自国を守ろうとする一方で、途上国の貧困層は経済的余力がないゆえに対策を講じられず、被害にあえぐ。このままでは民主主義の原則さえも脅かされる。
そもそも気候変動は、人間の活動によって、産業革命時から地球の平均気温が1度上昇していることに起因している。この1度上昇が、さまざまな大規模自然災害を誘発し、生活や社会を脅かしている。猛暑が続けば空調なしの暮らしが難しくなり、熱中症やそれに伴う病気など健康上の問題が広がっていく。例えばインドや中米の農村では、気温上昇による脱水症状が原因で腎臓病が増えているという。

沿岸都市の大半 海面上昇で水没

気候変動による影響が最も大きい国のひとつがバングラデシュだ。以前から人口過密と貧困にあえいでいたが、近年は洪水被害が深刻化。感染症の流行に加えて、海面上昇に伴う水没で住まいを追われる「水没難民」が急増している。このまま海面上昇が続けば2050年、国土の15~20㌫が水に沈むと警鐘を鳴らす専門家もいる。これはバングラデシュだけの問題ではない。海岸線から100㌔㍍以内に暮らしている人の数は世界人口の3分の2以上。つまりそう遠くない将来、水没難民が世界中で生まれる可能性がある。
気候変動がもたらす危機から一時的に逃れるには、やはり経済力がものをいう。助かるのはまず先進国で、貧困地域は対策に費やす余力がないため、生活環境は悪化する一方だ。人権すら保障されず、かくして新たなアパルトヘイトが生まれる。見過ごせないのは、気候変動を引き起こしている温室効果ガス(主にCO2)排出量の約半分を世界上位10㌫の富裕層が生み出しており、下位50㌫の貧困層35億人の排出量は1割に過ぎないという点だ。私たちの快適な社会は、貧困層の犠牲の上に成り立っているといっても過言ではない。そこで最近、槍玉に上がったのがプライベートジェットだ。環境に与える負荷が、利用者1人当たりに換算するとあまりにも大きく、実際に利用している一部のセレブが環境問題に取り組んでいることに「偽善だ」と批判する声が高まった。ところが、こうした話題は、新型コロナウイルスの感染拡大によって二の次にされるどころか、皮肉にも予防対策からプライベートジェットの需要は急増しているという。アパルトヘイト撤廃からおよそ四半世紀、果たして歴史は繰り返すのだろうか。

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
「豆柴の大群のチカマチラウンジ襲来CP」開催!2021年12月15日(水)~2022年1月31日(月)

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2022年6月11日(土)~12日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント 第8回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

あいち住まいるフェア2021

2022年3月19日(土)~3月20日(日)
あいち住まいるフェア2021

オアシス21 銀河の広場
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会、中部経済新聞社

新築からリノベーションまで多様化する住まいづくりを分かりやすく来場者に提供する2日間!

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。