全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

特別企画「エネルギーを考える」公開中

新聞購読のお申し込みはこちら

多彩なメニューで企業支援/地域産業の課題解決も/中小企業基盤整備機構中部本部/中小企業振興

コロナ禍を踏まえ、中小企業を取り巻く経営環境は大きく変化している。デジタル化や生産性向上、新事業展開、事業承継など、抱える経営課題は幅広い。こうした中、中小企業基盤整備機構では、さまざまな支援メニューを用意し、中小企業の課題解決を支援している。

中小企業の成長に向け、さまざまな支援メニューを用意している(イメージ)
中小企業の成長に向け、さまざまな支援メニューを用意している(イメージ)

■支援強化

中小機構は、経営環境の変化への対応と、事業継続を図るための支援強化に乗り出している。具体的には、中小企業生産性革命推進事業や中小企業等事業再構築促進事業を通じた支援が挙げられる。

コロナの影響を受けながらも、新たな設備投資やIT導入、成長分野への投資、新事業展開、生産性向上、事業再構築に前向きに取り組む中小企業を後押しする狙いだ。補助率や補助上限額を引き上げた「グリーン枠」や「デジタル枠」を設けるなど、急速に進む脱炭素化・デジタル化社会への対応をサポートしている。

地域の成長企業への支援にも余念がない。中小機構中部本部では、中部経済産業局と連携し、「地域未来牽引企業」を重点的に支援している。ハンズオン支援に加え、中小企業と大手企業・海外企業を結ぶビジネスマッチングサイト「ジェグテック」や、中小企業大学校瀬戸校の研修など、複合的な支援の枠組みを検討していく。事業再構築補助金の採択事業者や事業の再構築を計画する事業者に対しても、計画実行や策定を助言し、ハンズオン支援を推進する。

中小機構中部本部が独自に手掛ける「医療機器市場への参入支援」も、事業再構築ハンズオン支援として推進していく。

地域産業の課題解決支援にも注力している。地域の支援機関や自治体などと連携し、地域を支える中小企業群の課題を把握し、中小機構が展開するさまざまなツールを組み合わせ、「地域の稼ぐ力」を面的に高める支援プログラムを提案していく。併せて小規模企業共済の加入促進も行っていく。

中小企業大学校瀬戸校の研修風景
中小企業大学校瀬戸校の研修風景

■三遠南信地域

三遠南信地域における支援にも取り組む。同地域が中小機構中部本部の所管(関東本部との共管)になって1年半が経過した。地域内の豊川市、浜松市、飯田市で、地元の支援機関と連携して、中小企業大学校瀬戸校のサテライト・ゼミを開催し、中小企業の人材育成支援に取り組む。

浜松市にあるインキュベーション施設「浜松イノベーションキューブ」では、施設内の創業支援に加え、中小機構内外の連携による支援を活用していく。

また、三遠南信地域の中小企業の振興などを目指す「三遠南信地域連携ビジョン推進会議」と連携して実施する「三遠南信のキラリと光る事業マッチング シナリオ」においても、ジェグテックなどの活用により、マッチング機能を強化する方針だ。

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
ハノーバーメッセ
防犯カメラ買うなら塚本無線
アラジンオフィス

会社概要メニュー

Bqey

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2024年4月5日(金)~7日(日)
第3回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2024年6月8日(土)~9日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント
第10回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2024年6月27日(木)~28日(金)
第53回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。

2024年10月11日(金)
しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2024」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
主催:ビジネスフェア2023実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。