中部経済新聞社について

中部経済新聞社は、愛知・岐阜・三重・静岡の東海四県を主力とする中部唯一の経済新聞「中部経済新聞」の発行をはじめ、名古屋モーターショーやあいち住まいるフェアなどのイベントの開催、中経企業年鑑などの出版物発行など、中部の経済発展に貢献するためのさまざまな事業に取り組んでおります。

会社の目的

日刊新聞の発行、販売、並びにこれに付随する各種企画事業、出版物の刊行、及び公益または文化開発のための諸般の事業と不動産賃貸。

沿革と現状

昭和22年3月、資本金19万5千円で設立した当社は、24年、現在の地に中部経済会館を設立。中日新聞にあった本社を移転。28年には自社で印刷するようになり、37年、現在地に中経ビルを完成させました。
平成4年2月には、名古屋市中川区に前並工場を建設、本社から印刷部門を移設するとともに同年4月からは夕刊紙“日刊ゲンダイ”の名古屋版を発行、施設の効率化と経営多角化を図りました。平成24年、現在地に新ビル「名古屋クロスコートタワー」を完成させました。
中部経済新聞は中部経済界で唯一のブロック紙として、自動車・機械・陶磁器など地場産業をはじめとする産業経済関係ニュースを中心に取材報道。地域に密着した紙面作りを目指しています。日刊ゲンダイは定評ある紙面に地元の話題を加え、スポーツ・レジャーに特色を発揮しています。

 

現在の位置:ホーム > 中部経済新聞社について