全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

SDGs特集
井村屋グループ株式会社

食品ロス50%削減めざす、プラスチックの使用削減も

食品ロス削減へ
カステラの切れ端を再利用

当社は、「笑顔を未来へ―imuraya challenge 2030―」をスローガンにSDGsへの取り組みを進めています。すべての人が笑顔でいられる未来をつくること、そのためにできることを考え、実行することが私たちの使命であると捉えています。

重点的な取り組みとして、今年3月から食品ロスゼロ活動をスタートしました。キーワードは「フードロス『AtoZ』」。商品の開発、調達、生産、保管、物流、販売の各プロセスにおいて、全従業員が食品ロス削減を意識し、全社一丸で取り組んでいこうとの思いを込めました。

すでにカステラの製造過程で発生する切れ端の詰め合わせを販売したり、おからを他の商品へ再利用することを検討したりしています。2020年度、食品ロスの目標数値としてグループ全社で前年度比50%削減を掲げています。

紙製の容器を採用した「やわもちアイス」

環境負荷低減の取り組みも強化しています。冷菓商品「やわもちアイス」は、今年の秋冬商品よりカップ容器をプラスチック製から紙製に変更しました。1個あたりのプラスチック使用量が約85%削減でき、年間で約90トンのプラスチック削減が期待できます。

また、本社工場にコージェネレーションシステムを導入しました。CO2削減につながるほか、災害時に地域住民の方に生活用水を提供する設備への給電に利用することを検討しています。

2030年、私たちの世界を変革するために、挑戦し続けるグループでありたいと考えています。

井村屋グループ株式会社

〒514-8530
三重県津市高茶屋七丁目1番1号
TEL.059-234-2131

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
SG第23回チャレンジカップ GⅡ第7回レディースチャレンジカップ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ