Twitter Facebook LINE Linkedin
 

「NIB」で新たな中経ファンを増やしたい

読者開拓局 販売部

2014年入社

 
 

Q1.販売部の仕事ってどんなことをしますか?

中部経済新聞は、中日新聞の新聞販売店に配送を委託しています。その為、中日新聞販売店の方と一緒になって販売促進を行います。例えば、エリア内の会社へ一緒に直接訪問して購読案内をしたり、地域のお祭りに一緒に参加するなんてこともありますね。

最近、会社として力を入れている活動に「NIB」があります。「Newspaper In Business」の略称で新聞をビジネスの現場で役立ててもらうものです。具体的には企業へ新聞を活用したセミナー実施を提案していきます。新入社員研修から管理者研修までそれぞれの階層にあったセミナーメニューがあります。地元の商工会議所から生命保険会社など幅広い会社にご利用いただいています。中部経済新聞という特性を知ってもらうために今後も力を入れていきたい活動ですね。

 

Q2.「NIB」では、例えば新入社員向けには、どのような話をされますか?

新入社員の場合だと、まず新聞に触れてもらうことからスタートします。若い方は新聞を普段、手にする機会が少ないと思います。そのため、はじめに「まずは新聞をめくってみよう」と言います。単純なようですが、この「めくる」という事が大事です。新聞はニュースを一覧にして表示し大事な部分を短く協調してあります。だから、短時間でパラパラとめくる習慣づけを行うだけでも違ってきます。

また、インターネットは自分の興味がある分野しか調べませんが新聞だと自分の興味のない分野も視界に入ってきます。世の中の出来事は実は、自分と関係がないところから起こっています。その変化を事前に知ることで他の人とは違う動きが出来るようになるメリットを話したりしています。

Q3.最後に中部経済新聞社で働くメリットは何だと思いますか?

販売部しか経験がないため会社全体のメリットは言えないですが、販売部に限っていうと「地域の情報に強くなる」ということがあると思います。新聞は地域に根差した商品です。地域に少しでも動きがあれば、その動きをいち早く感じることが出来ます。

特に販売店の方は地域の情報に精通しています。美味しいお店の情報は良く知っています。その情報を教えてもらってプライベートに友達と一緒に訪れたりしますね。

地元が大好きな方にはピッタリの仕事ではないかと思います。

※所属は取材当時の情報です。

 

中部経済新聞社は、あなたを求めています!

仕事内容は記者だけでなく、多岐にわたります。向上心や好奇心のある方、責任のある仕事を求めている方・・・私達と一緒に働きませんか?