全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

決算を読む ダイナパック 22年1~6月期 国内外伸び売上高最高 原材料値上がりで利益は減 通期も増収減益見込む

 段ボール製造のダイナパック(本社名古屋市)が5日発表した2022年12月期中間(1~6月期)連結決算は、売上高が前年同期比1・9%増の277億4900万円となった。食品などを包む軟包装製品向けや工業製品向け梱包(こんぽう)製品など国内が伸びたほか、円安効果で海外も伸長し、売上高は過去最高だった。一方、段ボール原紙の値上がりによる先行負担などがあり、各利益は減益となった。通期も原材料価格の上昇などを見込み、増収減益を見込む。
残り677文字/全文891文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2022年8月6日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
第1回 サテライトオフィス活用セミナー

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ