全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

光洋陶器 SDGs対応の生産改革に着手 脱炭素へ焼成工程全面見直し 効率化推進で歩留まり向上も

焼成工程の見直しに取り組むトンネルキルン
焼成工程の見直しに取り組むトンネルキルン
 業務用テーブルウエア製造販売の光洋陶器(本社土岐市泉町九尻1497の3、加藤伸治社長、電話0572・55・5411)は、SDGs(持続可能な開発目標)に対応した生産改革に乗り出した。二酸化炭素排出量の削減に配慮した生産活動が世界的に求められているため。脱炭素に向けてトンネルキルン(焼成炉)の焼成工程を全面的に見直すとともに、企業の新たな付加価値として全社的にSDGs対応を推進していく。
残り679文字/全文874文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2022年4月29日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ manacaキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ