全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

豊田通商 アルゼンチンの電池材 さらなる生産拡張視野 トヨタEV拡大に対応

アルゼンチン・オラロス塩湖で炭酸リチウムを製造(提供Allkem all rights reserved.)
アルゼンチン・オラロス塩湖で炭酸リチウムを製造(提供Allkem all rights reserved.)
 豊田通商の貸谷伊知郎社長は、アルゼンチンで増強している車載電池の材料・炭酸リチウムの生産体制について、需要に応じ、さらなる拡張も視野に入れていることを明らかにした。今年中に炭酸リチウムの生産能力を現在に比べ2・4倍の年4万2500トンに引き上げる計画を進めているが、さらに増強する姿勢を示唆した。トヨタ自動車が2030年に電気自動車(EV)を350万台に増やす方針を示す中で、一段の需要増に対応する。
(勝又佑記、川原和起)
残り486文字/全文698文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2022年3月28日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ 定期券キャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ