全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

サイボウズ クラウドガーデン2022.09.08

新聞購読のお申し込みはこちら

[取材ノート] DXはできることから / 名古屋

最近は、トヨタ自動車の国内全工場が仕入れ先へのサイバー攻撃で稼働停止に至ったことや、決済代行サービス会社で最大46万件のカード情報流出など、DX(デジタルトランスフォーメーション)の負の側面で大きなニュースが続いた。

とはいえ、人口減少に対応する業務効率化のため、DXは規模の大小によらず、取り組まなければならない課題だ。中小企業を担当する記者の取材でもデジタル絡みの話題が増えている。

DXといってもさまざま。オフィス業務全般の自動化や工場全体のIoT(モノのインターネット)など、大掛かりなものから、スマートフォンにアプリをインストールするだけというものもある。

サービスを提供する側の経営者からは「最初は大げさに考えずに、できることからデジタル化を始めればいい」という声もよく聞く。ただし、その際にはセキュリティー対策を同時に考えるべきなのは当然だ。

■吉川 英司(よしかわ・えいじ)名古屋市内の中小企業、名古屋市政などを担当。最近、足の裏が痛く整形外科を受診したら「腱鞘炎ですね。体重が増えましたか」。重量オーバーは以前からだが、体重増加はない。思い当たるのは、リモートワークで荷物にパソコンが増えたこと。これもDXの負の側面か。

全文521文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2022年3月7日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
第1回 サテライトオフィス活用セミナー

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ