全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

サイボウズ クラウドガーデン2022.09.08

新聞購読のお申し込みはこちら

想定内も漏れるため息 まん延防止措置、愛知など延期 対策加速を ホテルは次年度予約にも影響

名古屋市の繁華街、栄の地下街をマスク姿で歩く人たち=10日午後
名古屋市の繁華街、栄の地下街をマスク姿で歩く人たち=10日午後
 政府は10日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、まん延防止等重点措置のうち、13日までの期限で適用している愛知、岐阜、三重県など13都県について、感染拡大が続く状況を踏まえて3月6日までの延長を決定した。経済活動への影響を懸念し、中部の経済界からは、ワクチン3回目接種など対策の加速化を望む声が相次いだ。飲食店は休業を継続、ホテルからは次年度の予約にも影響が出始めており、想定内の延期だが、ため息が漏れた。
残り1289文字/全文1503文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2022年2月11日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
第1回 サテライトオフィス活用セミナー

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ