全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

陶磁器製造販売の大東亜窯業 新和食器ブランド「菊花」投入 ステイホームの食卓と料理演出 花びら形状、圧力鋳込みで成形

花びらをイメージしたレリーフが特徴の「菊花」
花びらをイメージしたレリーフが特徴の「菊花」
 陶磁器製造販売の大東亜窯業(本社土岐市肥田町肥田2886の3、楓陽光(かえではるみつ)社長、電話0572・55・3111)は、和食器の新ブランド「菊花」を市場投入した。コロナ禍でステイホーム傾向が続く中、家庭の食卓と料理を演出する飲食器が見直されており、高品質の器として製品化した。圧力鋳込み成形による趣のあるレリーフ形状が特徴で、パット印刷を中心にした量産メーカーの同社にとって新たな試みとなる。量販店、専門店向け新ブランドとして今月から産地商社に拡販していく。
残り645文字/全文878文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2022年1月18日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ