全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

コロナ「第6波」不安急拡大 ホテル、観光 キャンセル続々

愛知県でも感染が急拡大している(イメージ)
愛知県でも感染が急拡大している(イメージ)
 新型コロナウイルスの感染が急拡大している。7日、1日の感染者数が全国で昨年9月以来6千人を超えた。東海3県(愛知、岐阜、三重)でも、愛知県は前日比40人増となる199人、岐阜県は同26人増の52人、三重県は同12人増の21人だった。居酒屋を全国展開する企業は、山口県などまん延防止等重点措置の地域の店舗の休業を決めた。ホテルや旅行では既にキャンセルが出始めており、「第6波」に不安が広がっている。

 愛知県内の感染確認は7日時点で計10万7596人となった。県は、オミクロン株感染者を新たに16人確認したと明らかにした。いずれも軽症で、うち14人は海外渡航歴がなく市中感染とみられる。県内の同株確認は計53人となった。
「耐えるしかない」
 外食業界は、酒類を扱う店を中心に警戒を強める。
 居酒屋「や台ずし」などを展開するヨシックスホールディングス(本社名古屋市)は、山口県と広島県のまん延防止等重点措置の発令後、該当地域で計約20店を休業する方針。担当者は「またか、という気持ちはあるが耐えるしかない」と唇をかむ。
 愛知を中心に居酒屋「芋蔵」などを展開するジェイグループホールディングス(同)は、今後オミクロン株が全国に広がる可能性があるとして、状況を注視している。
 国の観光支援策「Go To トラベル」も再開が不透明になりつつある。ホテル・観光業界ではキャンセルも発生し、不安が広まっている。
 名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区)は、宴会予約が約10件、レストラン予約は5人以上の会食を中心に約40件のキャンセルを受けた。愛知県の大村秀章知事が、会食は4人までと要請したことも要因とみられる。
 三交イングランデ名古屋(同)の担当者は「年末に稼働率が上がったのに、コロナ拡大で水をさされた」と嘆く。感染者数がさらに増えれば、出張中止などが響くと考える。
卒業旅行に影響も
 東京に本社を置く大手航空会社は、中部から沖縄へ行く予定だった大型団体のキャンセルが出たという。キャンセル料も支払われ、担当者は「申し訳ない」と落ち込む。例年2月ごろから卒業旅行で繁忙期を迎えるが、「飛行機での遠出は減るかも」と懸念する。
 大手旅行代理店でも、名古屋から沖縄方面の旅行が5件ほどキャンセルになった。
 名鉄百貨店本店は、1月2日以降の客足が前年比5割増と好調に推移していたが「昨日から勢いが落ちてきた」(担当者)という。予定している物産展などについて計画の変更は「現段階ではない」とするものの、オミクロン株の感染力の高さには警戒感が強く「今後も動向を注視していく」と話している。
 ジェイアール名古屋高島屋は「県内の新規感染者数が増加した場合、客足や売り上げに影響を受けるだろう」と懸念。今後予定している集客催事の開催に向けては「感染対策をした上で安全な買い物環境を整える」と力を込める。

全文1190文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2022年1月8日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
「豆柴の大群のチカマチラウンジ襲来CP」開催!2021年12月15日(水)~2022年1月31日(月)

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2022年6月11日(土)~12日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント 第8回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)7F・8F
主催:夏山フェスタ実行委員会

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体が出展!過去の開催では、トークショーや最新登山用品セミナー等の開催実績があり。

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

あいち住まいるフェア2021

2022年3月19日(土)~3月20日(日)
あいち住まいるフェア2021

オアシス21 銀河の広場
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会、中部経済新聞社

新築からリノベーションまで多様化する住まいづくりを分かりやすく来場者に提供する2日間!

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。