全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

[取材ノート] SDGsも「論語と算盤」 / 名古屋

中部経済新聞の記者が取材現場で感じたこと考えたことをざっくばらんに語ります
中部経済新聞の記者が取材現場で感じたこと考えたことをざっくばらんに語ります

企業のSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みは「論語と算盤」の意識が大切だ。先日、名古屋市内の企業取材で、社員と学生との議論を拝見した。その企業が取り組むべき課題について、学生側、企業側ともに活発に意見を交わしていた。

事前段階として学生は、企業の事業内容について学び課題を抽出。解決に向けた取り組みをプレゼン形式で発表した。女性活躍やEV(電気自動車)スタンド設置など、さまざまな角度から意見が出た。

企業側も本気だ。取り組みの具体案はもちろん、実現可能性についても学生に指摘していた。参加した学生の1人に感想を聞くと、「利益との兼ね合いもあり、企業として取り組むことの難しさを学んだ」という。SDGsをテーマにさまざまな企業を取材してきた。語弊を恐れず言うと、魅力的なのは利益が伴う活動だ。事業と絡めることで、一時的ではない、持続可能な活動が期待できる。

■川原 和起(かわはら・かずき)冬が来た。今シーズンは、寒グレ釣りとスノーボードでローテーションを組む。ボードは10年ぶり。まだまだ曲がれない、止まれない、金がない。

全文462文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年12月6日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ manacaキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ