全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

23年から消費税控除で新制度スタート 免税事業者の動向焦点に 一長一短を不安視登録申請も様子見

フリーランスら免税事業者の対応が焦点になりそうだ
フリーランスら免税事業者の対応が焦点になりそうだ
 2023年10月から消費税の仕入税額控除の方式として「インボイス」(適格請求書)と呼ばれる新制度が導入される。仕入れ代金から消費税を控除するには、課税事業者が発行したインボイスが必要になる。売上高1千万円以下の免税事業者は、インボイス発行事業者に移行すると課税対象になる。一方、免税事業者のままでは、課税事業者との取引条件悪化の懸念もあり、その動向が焦点になる。今年10月から、インボイス発行事業者の登録申請手続きが開始されたが、様子見の免税事業者が多いようだ。現況を探った。
残り973文字/全文1212文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年12月6日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ manacaキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ