全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

サイボウズ クラウドガーデン2022.09.08

新聞購読のお申し込みはこちら

都心部の回遊性向上で実験 ニューオーディナリーとニュート シェアサイクル利用 店舗などをアプリで提案

ニューオーディナリーの作井CEO(左)とニュートの田口氏
ニューオーディナリーの作井CEO(左)とニュートの田口氏
 システム開発のNew Ordinary(ニューオーディナリー、本社名古屋市西区那古野2の14の1、作井孝至最高経営責任者〈CEO〉、電話050・3746・5471)は、シェアサイクル「チャリチャリ」運営のneuet(ニュート、本社東京都)などとともに、自転車利用による名古屋都心部の回遊性の向上を検証する実証実験を行っている。現在開催中のイベントと連携し、会場周辺の店舗などをアプリで提案。シェアサイクルを交通手段にする取り組みだ。
残り650文字/全文867文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年11月19日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ