全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ水素時代へ疾走 (上) 脱炭素へ増える仲間 エンジン開発に呼応

トヨタなど5社が脱炭素に向け内燃機関を活用する取り組みを加速する(左から3人目が豊田社長)
トヨタなど5社が脱炭素に向け内燃機関を活用する取り組みを加速する(左から3人目が豊田社長)
 トヨタ自動車が水素を燃焼させる「水素エンジン」の開発に挑んでいる。レースへの参戦を通じて性能を高め、呼応するように仲間も増えてきた。水素エンジンは二酸化炭素(CO2)を出さないことから、脱炭素に向けた駆動源の候補の一つと位置付けて開発を加速している。水素エンジン開発の現状や将来の可能性を探った。
残り1152文字/全文1301文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年11月17日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
ハノーバーメッセ2022オンラインツアー
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジマイペンライ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ