全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ、営業益1兆7千億円 4~9月期決算 減産幅抑制円安も追い風通期は上方修正

 トヨタ自動車が4日発表した2021年4~9月期連結営業利益は前年同期比3・4倍の1兆7474億円で、過去最高を更新した。半導体不足や東南アジアでの部品供給問題で車両の減産はあったが、当初想定よりも減産幅を抑えた。利益率の高いSUV(スポーツタイプ多目的車)の販売が伸びたほか、円安も追い風となり、売上高、純利益も過去最高となった。通期予想を上方修正した。
残り664文字/全文842文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年11月5日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ 定期券キャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ