全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ系主要8社 今期6社が最終増益予想 減産や原料高、逆風に対応

下半期以降に巻き返しを狙うトヨタグループ(写真はデンソーの会見)
下半期以降に巻き返しを狙うトヨタグループ(写真はデンソーの会見)
 トヨタグループ主要8社が逆風に耐えている。車両減産や原材料高騰、物流混乱など複数のリスクが顕在化する中、29日発表した2022年3月期の最終的なもうけを示す純利益見通しは7社が据え置くか上方修正し、6社が増益を見込む。下半期以降の高水準の挽回生産に追従するのに加え、昨年のコロナ禍から磨いてきた企業体質をもう一段改善する。ただ先行きへの不透明感はなお強く、予断を許さない状況が続きそうだ。

 ■進捗率30%台
 「半導体の枯渇感は22年1~3月まで継続する」(デンソーの松井靖取締役経営役員)
 「材料が非常に高騰している」(豊田自動織機の河井康司経営役員)
 「米国のコンテナ物流の混乱が大きな問題。22年末まで影響は続く」(豊田通商の岩本秀之取締役CFO)
 29日の決算会見で各社から相次いだのは経営環境の悪化を心配する声だ。
 実際、取り巻く環境は厳しさを増している。主要取引先のトヨタ自動車は4~9月の世界生産が前年同期比で17%増えた一方、直近9月単月に限れば39%も減少した。さらに視線を広げれば、鋼材や樹脂など原材料の高騰、物流混乱も深刻化している。
 一連の影響は各社の利益を圧迫。4~9月期の営業利益は全8社が増益(黒字化含む)を確保した。ただ通期予想に対する進捗(しんちょく)率は、予想非公表の豊田通商を除く7社のうち5社が30%台にとどまった。
 ■巻き返し
 各社とも車両の挽回生産を軸に巻き返しを狙う。高水準の生産への対応が課題となり、デンソーは減産時に在庫量などを正常にして、「下半期以降の増産に応える」(松井氏)。豊田合成は、米国などで懸念される人手不足に対し「自動化や省人化を進める」(岡正規取締役執行役員)ことで対応する構え。
 コロナ禍からの改善も一層と進める。アイシンは、企業体質改善と構造改革で570億円の利益の捻出を狙う。伊藤慎太郎副社長は「昨年からの取り組みを持続する」と強調。ジェイテクトも「軸受け生産の無人化、拠点の統廃合などを進める」(佐藤和弘社長)という。
 ■将来への投資
 厳しい状況が続く中でも将来に向けた投資を維持する。豊田通商を除く7社中6社が、設備投資や研究開発費を従来通りに据え置いた。豊田合成は、二酸化炭素の排出が少ない設備への更新や受注が増えているセーフティシステム分野への投資、新規事業への研究開発などを進める方針だ。
 昨年からのコロナ禍ではデジタル化や働き方の見直しなどにより競争力を高めてきた。再び試練に直面する中、各社とも一層の競争力強化につなげられるかが問われている。

全文1064文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年10月30日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ