全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

岡谷鋼機 海外取引比率40%狙う 現地人材登用新興の先端技術発掘

イスラエルなどで新興企業の発掘を進めている(イスラエルの事務所が入る建屋)
イスラエルなどで新興企業の発掘を進めている(イスラエルの事務所が入る建屋)
 岡谷鋼機(本社名古屋市)の岡谷健広社長は、売上高に占める海外取引比率(輸入含む)を2026年2月期までに最大40%に引き上げる方針を示した。ここ5年間の平均は31・2%。今後は海外現地人材の登用を進め、各地で仕入れから販売まで一貫して行うサプライチェーンの構築を加速する。また米中やイスラエルの新興企業の先端的なサービスや技術を発掘し、日系企業に提案する取り組みにも注力する。
残り1015文字/全文1204文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年10月26日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ