全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ「最悪期脱した」 11月減産10~15万台に縮小 東南アで規制解除、代替進む

11月も4工場の稼働を停止する(トヨタ東日本の岩手工場)
11月も4工場の稼働を停止する(トヨタ東日本の岩手工場)
 トヨタ自動車は15日、11月の世界生産が85万~90万台になると発表した。従来計画(100万台程度)からの減産は10万~15万台にとどめる。9、10月に比べ減産幅は縮小する。コロナ感染が続いていた東南アジアでの規制解除や代替生産が進んだ。2020年11月の約83万台を超えて11月として過去最高になる。「最悪期は脱した」(熊倉和生・調達本部本部長)とし、今後は正常化に向かう見通しだ。

 11月の国内生産は、従来から約5万台減らし、27万台程度とする。全14工場のうち、堤工場(豊田市)やトヨタ自動車東日本などの4工場計6ラインを1~5日止める。小型ハイブリッド車「アクア」やスポーツタイプ多目的車「ヤリスクロス」などの生産に影響が出る。
 海外生産は従来計画から5万~10万減らし、58万~63万台程度とする。
 東南アジアでのコロナ拡大による部品調達難や半導体不足により、9、10月は大幅な減産を強いられてきた。11月は挽回分も含めて高水準の計画を立てていたが、東南アジアなど一部で部品供給に影響が残り、従来計画からは減らす。
 ただ、9、10月の2カ月間の減産幅は9月公表時から計10万~15万台縮小する見込み。このため22年3月期通期の世界生産計画は900万台水準を維持する。
 熊倉氏は「まだまだ安心できないが、進めてきた対策が功を奏している」と話した。

全文578文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年10月16日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

冬山フェスタ

2021年12月18日(土)~19日(日)
第2回 冬山フェスタ

初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:冬山フェスタ実行委員会(構成=全国「山の日」協議会、中部経済新聞社)

夏山フェスタでの多くのご要望にお応えして冬山初心者のための入門イベント「冬山フェスタ」を開催します!

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

あいち住まいるフェア2021

2022年3月19日(土)~3月20日(日)
あいち住まいるフェア2021

オアシス21 銀河の広場
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会、中部経済新聞社

新築からリノベーションまで多様化する住まいづくりを分かりやすく来場者に提供する2日間!

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。