全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

[中部圏特集]19年連続取扱量日本一の名古屋港 輸出、ふ頭機能強化へ 中部圏最大の国際物流拠点  

中部圏、飛躍へプロジェクト着実に
東南アジア向け輸出を強化する飛島ふ頭
東南アジア向け輸出を強化する飛島ふ頭

 中部圏と世界約170の国と地域を結び、地域にとって最大の物流拠点であるのが名古屋港だ。輸出と輸入を合わせた総取扱貨物量は昨年まで19年連続日本一だ。コンテナ貨物、ばら積み(バルク)貨物、完成車などをバランスよく取り扱うが、中でも自動車出荷台数は42年連続で全国トップを維持している。今年5月には念願の名古屋第二環状自動車道(名二環)が全線開通し、港運と陸運の連携も、さらなる進展が期待されている。

■日本一の港

名古屋港は名古屋、東海、知多、弥富、飛島の4市1村にわたる総合貿易港だ。総面積は陸上施設と停泊水域を合わせ124平方キロメートル。名古屋市の面積の約3分の1に相当し、その臨海地区は東京都と横浜港の合計面積よりも広い。2020年の総貨物取扱高は1億6855万トンで19年連続の全国1位、外国貿易のうち輸出額は10兆4138億円で22年連続1位と、名実ともに「日本一の港」である。

名二環全線開通で後背地である中部圏の工業地帯とのアクセスが一段と良くなり、今後のさらなる発展が期待される。

名古屋港は4市1村が関わるという特殊な立ち位置から、管理運営は愛知県と名古屋市を母体とする名古屋港管理組合が担う。港の開発・運営から将来計画の策定、船舶に対する諸サービスまで、多岐にわたる業務を行っている。

同組合は今年9月8日、設立70周年を迎え、記念式典を開いた。式典では鎌田裕司専任副管理者が、管理者の河村たかし名古屋市長に代わり「今後も中部圏のものづくり産業を支える国際産業戦略港湾としての整備に向け、港の強靭化やカーボンニュートラル・ポートの実現に貢献していく」と述べた。

■機能の強化

整備計画では、国土交通省とともに飛島ふ頭、金城ふ頭の強靭化と港湾物流機能の強化が進められている。

飛島ふ頭では「NCBコンテナターミナル」の岸壁を再整備している。近年、東南アジア向け輸出の拡大に対応して、コンテナ船の大型化が進行。その大型船が着岸できるよう、岸壁の増深工事が進められている。

また、ガントリークレーンの大型化も必要となるため、その重量や南海トラフ地震にも耐えて、港湾機能を維持するため、岸壁強靭化も同時進行している。工事は2年後の23年中に完成する予定だ。

一方、金城ふ頭では、完成自動車輸出用に約1万台分のモータープール(16・3ヘクタール)を整備する。あおなみ線・金城ふ頭駅の南東部分を新たに埋め立てて用地を造成、岸壁も新設する。

■しゅんせつ

港湾内は航路の安全確保のために継続的なしゅんせつが不可欠だ。その土砂はこれまで、港沖合のポートアイランドに仮置きされていたが、今年5月、中部国際空港沖の埋め立てに利用することが決まった。

港の安全性確保と、空港の2本目滑走路用地の造成が同時に進められると、港湾、空港双方の関係者から期待が寄せられている。

全文1171文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
中部圏、飛躍へプロジェクト着実に
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年10月15日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

冬山フェスタ

2021年12月18日(土)~19日(日)
第2回 冬山フェスタ

初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:冬山フェスタ実行委員会(構成=全国「山の日」協議会、中部経済新聞社)

夏山フェスタでの多くのご要望にお応えして冬山初心者のための入門イベント「冬山フェスタ」を開催します!

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

あいち住まいるフェア2021

2022年3月19日(土)~3月20日(日)
あいち住まいるフェア2021

オアシス21 銀河の広場
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会、中部経済新聞社

新築からリノベーションまで多様化する住まいづくりを分かりやすく来場者に提供する2日間!

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。