全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

製網機メーカーの東洋工業 自動車部品に参入 EV向け軽量シャフト開発へ 低炭素型の加工法も

自動車分野に進出する東洋工業の本社(四日市市茂福町)
自動車分野に進出する東洋工業の本社(四日市市茂福町)
 漁業用の網をつくる製網機や工場の部品搬送装置などを手掛ける東洋工業(本社四日市市茂福町8の9、伊藤彰社長)は、自動車部品市場へ参入する。電気自動車(EV)向けモーターシャフトの開発に加え、二酸化炭素(CO2)排出が少なく環境に優しいシャフト製造の新加工法の研究開発にも取り組む。2027年5月期をめどに自動車分野の売り上げを全体の1割以上と主要事業に育成する方針だ。(四日市)
残り668文字/全文857文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年10月12日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ