全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

キクカワエンタープライズ 板材製材の無人化実現 国産材需要拡大に対応 初年度10台目指す

製材機械の新製品「BT‐48KT ループソー ‐i」
製材機械の新製品「BT‐48KT ループソー ‐i」
 キクカワエンタープライズ(本社伊勢市)は、集成材用の板材(ラミナ)、2×4(ツーバイフォー)材を生産する製材機械「BT‐48KT ループソー‐i」を開発し、角材から板材を生産する工程の無人化を実現した。また、機械内で3本の材料をループさせながら、材料を送る作業と加工を繰り返し行っていくことで大幅な高速化を図った。国産材の需要拡大と省人化ニーズに対応する。10月から国内の製材工場向けに販売を開始し、初年度10台の販売を目標に置く。
残り429文字/全文646文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年9月28日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ