全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ、世界生産下方修正 21年度計画は900万台に 東南ア、長引く部品調達難 営業利益は変更せず

 トヨタ自動車は10日、9月と10月の世界生産を従来計画から計40万台追加で減らすと発表した。世界的な半導体不足に加え、東南アジアでのコロナ感染拡大により部品調達難が長引いているのが主因だ。一連の減産により、2021年度の世界生産計画を従来に比べ30万台減の900万台程度に下方修正した。一方、21年度の連結営業利益見通しは当初の2兆5千億円を変更しなかった。

追加減産するのは、マレーシアやベトナムなどでコロナ感染拡大が長期化し、仕入れ先工場の稼働が低下しているためだ。半導体供給逼迫(ひっぱく)の影響も深刻化し、BCP(事業継続計画)対応が追い付かない状態になっている。

9月は、すでに54万台程度に減産する計画を示していたが、今回追加で7万台減らし47万台程度にする。すでに国内14工場計27ラインの稼働を停止する計画を公表しているが、同月中下旬にかけても高岡工場(豊田市)や堤工場(同)など9工場10ラインを稼働停止する。

10月は従来計画から33万台減らし、55万台程度にする。計画比で約4割減と9月並みの減産幅になる。内訳は国内が15万台程度、海外が40万台程度。9月中旬には10月の国内工場の稼働停止の計画を公表する見通しだ。

減産を受け、21年度の世界生産計画を従来の930万台から900万台程度に下方修正した。「今後は早期復旧や代替生産など、できる限りの対策を進める」(熊倉和生・調達本部本部長)考えで、11月以降は挽回に入る見通し。

一方で、21年度の連結売上高30兆円、連結営業利益2兆5千億円の見通しは据え置く。「固定費の抑制が進んでいるのに加え、足元の為替が想定より円安に推移しているため」(近健太執行役員)とし、一層の体質強化に努める考えだ。

地元サプライヤー影響必至

トヨタの大幅減産の影響は、地元のサプライヤーにも波及している。すでに一部で減産の影響が顕在化している。一方で挽回生産の段階では、トヨタとサプライヤーが一体となり巻き返しを図れるかが試されることになる。

「急にブレーキがかかってきた」。ある一次サプライヤーの幹部は、すでに減産の影響が出ていると明かす。別のサプライヤー幹部も「ここまで影響が長引くとは想定していなかった。一層きつくなる」と表情を曇らせる。

東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストは「国内のサプライヤーにとっては吸収できる減産幅だが、当初は10月からの大幅増産に備えていただけに、影響が大きい。収益的にギリギリになるサプライヤーも出てくるだろう」とみている。

トヨタの熊倉和生・調達本部本部長は「9月、10月と減産が続く中で、サプライヤーと資金繰りなどに関して密にコミュニケーションを取り、一体で対応したい」と、引き続きサプライヤーのサポートに力を入れる考えを強調した。

トヨタは11月以降に挽回に入る見通しだ。あるサプライヤーは「国内でどこまで挽回できるのか注視したい」と話す。また、別のサプライヤーは高水準な計画を想定し、「しっかりと対応したい」と力を込める。

全文1265文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年9月11日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
M&Aキャピタルパートナーズ
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
アラジンオフィス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2021年10月22日(金)~10月23日(土)
あいちの農林水産フェア

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
展示ホールA(SDGs AICHI EXPO会場内)
主催:あいちの農林水産フェア実行委員会

県内外の皆さんに全国有数の産出額・生産量を誇る愛知の農林水産業をご紹介。JA愛知グループとチカマチラウンジがコラボして、県産農林水産物等をふんだんに使用した「地産地消弁当」を開発しました。

冬山フェスタ

2021年12月18日(土)~19日(日)
第2回 冬山フェスタ

初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:冬山フェスタ実行委員会(構成=全国「山の日」協議会、中部経済新聞社)

夏山フェスタでの多くのご要望にお応えして冬山初心者のための入門イベント「冬山フェスタ」を開催します!

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。