全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

トヨタ 電池生産30年70ライン コンパクトでリスクに備え 電動車800万台実現へ

全固体電池を搭載した試作車
全固体電池を搭載した試作車
 トヨタ自動車は、2030年までにハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車の電池の開発や生産拡大に累計1兆5千億円を投資する。うち生産には累計1兆円を振り向ける。カーボンニュートラルに貢献するため、2030年に電動車を年800万台(20年度は約214万台)に増やす目標を掲げており、電池生産で計70本(ライン)を構える。電池開発と生産拡大を加速する。もっとも、やみくもに投資を拡大するだけではなく小さなラインづくりに努め、将来的な需要変動へのリスクに備える構えだ。
残り1404文字/全文1642文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

2021年9月8日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ