全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

新聞記念プレート作成

新聞購読のお申し込みはこちら

コロナ禍から回復の兆し 東海3県上場企業3~5月期決算 8割増収、7割増益

売上高
20年3~5月期 21年3~5月期
売上高 20年3~5月期 21年3~5月期
 東海3県(愛知、岐阜、三重)に本社を置く2月期決算の上場企業17社の2021年3~5月期決算が15日、出そろった。全体の約8割に相当する14社が増収、純利益は7割を占める12社が増益(黒字化含む)だった。小売業や飲食サービス業が集中しており、前年同期はコロナ影響により、多くの企業が減収減益を強いられた。一転して今期予想は需要回復などを織り込み、全体の8割が増収増益を見込む。引き続き厳しい環境は続くものの、回復の兆しも見え始めた。
残り810文字/全文1027文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年7月16日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
10周年感謝祭「あなたのいきつけはどのお店にする?」チカマチラウンジ×大人dela コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ