全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

名大発ベンチャーのiBody 固形がん治療薬開発へ 効率的な抗体取得技術活用 製薬企業と提携目指す

研究開発の様子
研究開発の様子
 名古屋大学発ベンチャーで新規抗体医薬品の研究開発を手掛けるiBody(アイボディ、本社名古屋市千種区不老町1、天草陽(よう)社長、電話052・753・8654)は、大学の医学部と共同で、臓器・組織で塊を作る固形がんに対する治療薬の研究開発を進めている。同社は、医薬品開発で重要となる抗体の取得・評価の技術に強みを持つ。有用な抗体を取得し、2022年をめどに製薬企業と創薬に関する提携を目指す。           
残り582文字/全文790文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

2021年7月14日の主要記事