全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

名大、基金200億円が視野 教育・研究の拡充図る

DO室の室長を務める木村彰吾副総長
DO室の室長を務める木村彰吾副総長

 名古屋大学が創設した「名古屋大学基金」が、目標額の200億円を突破しそうだ。本年度は3年間にわたる募金キャンペーン「GO NEXT」の最終年度。名古屋大学が前身学校の尾張藩仮病院・仮医学校から数えて創基150周年を迎える節目でもある。昨年度は基金で約1億8千万円の運用益を生み出しており、大学の教育、研究関連費用に充てられている。さらなる規模拡大に向けて、個人、法人への寄付の呼び掛けを加速する。

同基金は2006年、名古屋帝国大学の創設から70周年となる09年に向け、記念事業の一環として創設された。卒業生や関係者らから集められた寄付は現在、現金のほか有価証券、土地・建物を合わせて累計で約198億8千万円。目標額の200億円を目前にしている。

運用益で行う事業は主に、「教育・研究環境整備事業」や「学生育英事業」、「国際交流事業」、産学連携支援や社会貢献活動支援などを含む「その他事業」の四つ。支援目的を特定した「特定基金事業」も30種類以上、実施している。本年度は、新たに学生支援の一つで「Withコロナでのキャンパスライフ応援事業」を展開中だ。

大学基金はもともと、私立大学で早くから取り組まれてきたが、国立大学では04年の法人化に伴い自主財源の確保が求められていく中で広がり始めた経緯がある。東京大学は04年に、京都大学は07年に大学基金をそれぞれ創設している。

ただ、国立大学ではその歴史も浅いことなどから認知が進んでいない現状がある。名古屋大学は、基金を担当する部署「Development Office」(DO室)を設置し、寄付を呼びかける専門チーム「ファンドレイザー」を発足。卒業生や企業などとのつながりの強化に動いている。学内の関係部署との連携も深め、「DO室が卒業生や地域、法人と大学との接点の役割を果たしたい」(宮野浩治副室長)考えだ。

寄付で企業と〝強み〟共有/DO室室長/木村彰吾副総長に聞く

基金を担当する部署「Development Office」(DO室)の室長を務める木村彰吾副総長に話を聞いた。
―目標額達成への手応えは。

「200億円が視野に入った。次のファンドレイズ(資金調達)に向けて何をするのか、考えていかなければならない。大学基金は、米国ではエンダウメントと呼ばれ多くの大学が持つ。運用規模も何兆円の世界だ。そこを目指していきたい」

 

 ―GO NEXTキャンペーンの狙いは。

「ファンドレイズは毎年行うが、キャンペーンで集中的に寄付を募る時期がある。GO NEXTを開始した19年度は名古屋帝国大学の設立から80周年、最終年度の本年度は前身学校から数えて創基150周年、真ん中の20年度は岐阜大学と法人統合して東海国立大学機構を設立した年にあたった。東海地区の教育、研究をブースト(促進)するため、新しい機構を応援していただければ、との趣旨で展開してきた」

 

 ―運用法は。

「ご寄付いただいた有価証券は保有を続け配当や利息を事業に充てている。現金は、国債を中心に外債、ETF(上場投資信託)などでも運用している。一方で、『ジェンダー平等で女性の活躍を応援したい』など『直接、こうした事業に使ってほしい』とのご意向がある場合も。そのため特定基金事業もさまざま実施している」

 

 ―さらなる拡大へ向けて。

「寄付者との関係の維持、構築に努める。寄付でつながった企業のニーズを聞く中で産学連携へと結びつく例もある。名古屋大学には知の拠点、総合大学としての強みがある。カーボンニュートラル(温室効果ガスの排出実質ゼロ)やSDGs(持続可能な開発目標)など、新しい価値観が生まれ世の中が大きく変わっていく今だからこそ、大学への寄付は法人にもなじむのではないか。強みを共有していければ、と思う。また、寄付は税制優遇があり、法人は全額損金算入できる。事業承継にもメリットが大きい。ぜひご支援賜りたい」

全文1613文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年7月10日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
M&Aキャピタルパートナーズ
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
アラジンオフィス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2021年10月22日(金)~10月23日(土)
あいちの農林水産フェア

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
展示ホールA(SDGs AICHI EXPO会場内)
主催:あいちの農林水産フェア実行委員会

県内外の皆さんに全国有数の産出額・生産量を誇る愛知の農林水産業をご紹介。JA愛知グループとチカマチラウンジがコラボして、県産農林水産物等をふんだんに使用した「地産地消弁当」を開発しました。

冬山フェスタ

2021年12月18日(土)~19日(日)
第2回 冬山フェスタ

初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:冬山フェスタ実行委員会(構成=全国「山の日」協議会、中部経済新聞社)

夏山フェスタでの多くのご要望にお応えして冬山初心者のための入門イベント「冬山フェスタ」を開催します!

2022年4月8日(金)~10日(日)
第1回 名古屋モーターサイクルショー

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

新たな生活様式でバイクに注目が集まる今、中部地区で初のモーターサイクルショーを開催!最新モデル大試乗会、著名人のトークショー、各種デモンストレーション企画等も併催予定

2022年5月26日(木)~27日(金)
第51回 建築総合展NAGOYA

ウインクあいち 7F・8F展示場
主催:公益社団法人愛知建築士会・中部経済新聞社

建築関連産業の課題解決と技術発展の一助とするため、製品・技術・サービスを一堂に集め、ビジネスと情報交流の促進を目的に1971年の秋より開催されている中部地区唯一の建築関連専門展示会です。