全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

リサーチフェア2021

新聞購読のお申し込みはこちら

地域の未来へ 商工会議所常議員企業 ヱビス.カンパニー. 鈴鹿 冷食事業に参入 松阪牛など使用 冷凍うどん開発

食材、味にこだわった「松阪牛肩ロースのすき鍋うどん」
食材、味にこだわった「松阪牛肩ロースのすき鍋うどん」
 うどん店をチェーン展開するヱビス.カンパニー.(森下晃社長)は、冷凍食品事業に参入する。電子レンジ調理で食べられる具・スープ付きの冷凍うどんを開発し、8月中の発売を計画する。松阪牛や熊野地鶏など高品質な食材を具材にして味にこだわった8品を展開。1食800円前後と冷凍うどんでは高級路線の商品で、他社との差別化を図る。調理済み食品を購入し自宅などで食べる「中食」に活路を開き、新型コロナウイルス禍で苦心する外食事業に次ぐ収益の柱に育てたい考えだ。
残り551文字/全文774文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

2021年6月25日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ