全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

ゼネラルヒートポンプ工業 淡水化した海水 熱源に ヒートポンプユニット開発 沖縄のホテルに初導入

海水淡水化熱源供給ヒートポンプユニット
海水淡水化熱源供給ヒートポンプユニット
 地中熱など再生可能エネルギーを利用した業務用ヒートポンプの製造を手掛けるゼネラルヒートポンプ工業(本社名古屋市中村区名駅2の45の14、柴芳郎社長、電話052・589・9010)は、海水を淡水化した水を熱源に利用する給湯ヒートポンプユニットを開発、供給を始めた。このほど、沖縄県竹富町にあるリゾートホテル「星のや竹富島」に初導入された。太陽光発電を組み込んでおり、災害時にも稼働できる。海水が豊富な島など向けに展開を広げていきたい考えだ。
残り493文字/全文713文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年6月18日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ 定期券キャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ