全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

円熟味 愛知銀行法人営業部あいぎんビジネスクラブ事務局長 後藤 幹夫(ごとう・みきお)さん 仲間や経営者とワクワク感共有 クラブ立ち上げ、運営に力 執着心と情熱を持つ後継者探す

「その時その時で一所懸命やっていくことが大切」と話す後藤さん(撮影のためマスクを外しています)
「その時その時で一所懸命やっていくことが大切」と話す後藤さん(撮影のためマスクを外しています)
 「あい、ふれあい、きずきあい」がキャッチフレーズの地域密着、堅実経営の愛知銀行(名古屋市)。法人営業部あいぎんビジネスクラブ事務局長の後藤幹夫さん(63歳)は、仕事を通じて「ワクワクできることを大事にしてきた」という。そんな後藤さんが立ち上げにも参画した「あいぎんビジネスクラブ」は2017年、次世代の経営者と若手経営者のために発足したクラブだ。現在、同行のシニア世代は約120人。銀行員に求められるスキルも広範かつ高度化している中で、後藤さんらシニア世代には長年の勤務で培ってきた経験を生かし、健康に活躍してもらうことが期待されている。
残り1198文字/全文1468文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年6月12日の主要記事