全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

アイチ金属、都内に新工場 来年5月稼働 特殊塗装で富裕層開拓

東京都内にあるショールーム
東京都内にあるショールーム
 住宅用金属製品の設計や施工などを手掛けるアイチ金属(本社名古屋市北区五反田町77、山田実社長、電話052・909・5600)は、東京都大田区に新工場を建設する。今年9月に着工し、来年5月の稼働を計画している。関東に工場を設けるのは初めて。東京都内の展示会などで、金属加工を施した高級家具や高級な特殊塗装を施した商品の引き合いが多く、事業拡大が見込めると判断した。さらなる顧客獲得やパートナー企業の拡大、会社の認知度向上を狙う。

 新工場では特殊な金属コーティング剤「ヴェロメタル」の塗装作業などを行う。鉄骨平屋建てで、延べ床面積は264平方メートル。名古屋にある既存の工場と同じ塗装設備を導入する。投資額は1億円程度。町工場が多く、協業できる仲間を増やせると考え、大田区を選んだ。
 新工場の特徴は、作る工程が見えることだ。現在は設計段階だが、ガラス張りで、顧客が気軽に入れるような設計を検討している。一般向けに塗装のワークショップ、プロ向けに技術研修などを行い、多くの人が来場しやすい工場を目指す。
 ヴェロメタルは家具やタイルなどの製品を金属製に見せることができる加工方法。最近の住宅はホテルのような大理石やタイル張りの床が人気ということもあり、こうした住環境に金属製の家具や商品が合うため、需要が高まっている。
 東京都は家具にこだわりの強い顧客が多く、需要拡大が見込める。同社が手掛ける住宅リフォームの受注割合は、愛知県内が6割、東京都内が4割。高級家具の販売は、東京都内の売り上げが愛知県内の10倍に上る。
 さらに現在は東京都で注文を受けても、愛知県内の工場で加工するため、納品まで時間がかかっている。東京都内に新工場を開設することで、より迅速な顧客対応を目指す。
 山田社長は「扱う商品は高価な特注品。新工場稼働により、協業パートナーの拡大や知名度向上につなげたい。金属加工で選ばれる会社を目指す」と話した。
 同社は1993年設立。設計から施工までを一貫して提案することで、著名建築家や大手住宅メーカーとも協業してきた。

全文862文字
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年5月22日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
土曜日紙面サンプル閲覧
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
人とくるまのテクノロジー展 2022 名古屋

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ昼呑み天国

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ