全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

地域の未来へ 商工会議所常議員企業 亀屋清泉庵 鈴鹿 変わらぬ味、守り続けて1世紀 こだわり和菓子「亀の子最中」

戦前から愛される「亀の子最中」や季節の上生菓子
戦前から愛される「亀の子最中」や季節の上生菓子
 亀屋清泉庵(かめやせいせんあん、大泉博典代表)は、1914(大正3)年創業の老舗和菓子店。素材にこだわった名物の「亀の子最中(もなか)」をはじめ、饅頭(まんじゅう)や季節の生菓子などを販売、地元住民から長年親しまれている。3代目の大泉代表のモットーは、先代からの味を守り続けること。この変わらぬ伝統の味を買い求めるファンは後を絶たない。
残り634文字/全文803文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジテイクアウト

2021年5月14日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ