全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

先端技術で倉庫業務効率化 中部企業、対応急ピッチ EC需要が増加 現場負担削減へ

竜製作所はAI搭載の自動搬送ロボットを提案
竜製作所はAI搭載の自動搬送ロボットを提案
 中部地方の企業の間で倉庫などの物流業務を効率化する動きが急ピッチで広がっている。従来の人手不足に加え、コロナ禍でインターネットによる電子商取引が利用され小口荷物が増える中、現場の作業負担が一層と増しているからだ。物流事業者は自前で実用的なデジタル技術などを導入。一方で物流車両や機器を扱う事業者も人工知能(AI)など先端技術の提案に力を注ぎ、物流の効率化を手助けしようとしている。
残り1019文字/全文1210文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年4月22日の主要記事