全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

新聞購読のお申し込みはこちら

名北工業 航空機部品検査を強化 回復後見据え1億円投資

航空機部品の検査に関する設備を拡充する
航空機部品の検査に関する設備を拡充する
 自動車用冷間圧造鋼線を製造する名北工業(本社美濃加茂市蜂屋台1の8の1、福西凱一社長、電話0574・24・0620)は、航空機事業を強化する。2021年末に本社併設の工場で航空機部品の検査に関する設備を増強する。投資額は1億円強。現在は検査に加え材料販売を行っており、21年5月期の航空機事業の売上高は2千万円強の見込み。26年5月期に3億円まで増やす。航空機市場の低迷が続いているが、回復後を見据え積極策に打って出る。
残り564文字/全文775文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年4月20日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ