全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

初期投資不要の太陽光発電 「PPA方式」中部で拡大 脱炭素に貢献電力小売りなど新ビジネス期待 

井村屋グループが本社工場の屋根に設置した太陽光発電設備
井村屋グループが本社工場の屋根に設置した太陽光発電設備
 電力小売り事業者が企業の工場などに太陽光発電設備を設置し、発電した電力を企業に販売する「PPA方式」が中部地方で広がっている。電力を使用する企業は、初期投資などが不要なため、投資を抑えて電力を調達でき、蓄電池を備えれば、BCP(事業継続計画)対策にもつながる。脱炭素社会の実現に向けた機運が高まる中、電力小売り事業者は、価格が低下しているFIT(固定価格買い取り制度)に代わる新たなビジネスとして商機を見いだしている。(川原和起・黒川鈴子)
残り1181文字/全文1402文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ昼呑み天国

2021年4月16日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ