全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新聞購読のお申し込みはこちら

愛知県「まん延防止措置」協議 回復の兆し不透明に 外食業界、時短にため息 ホテル、団体キャンセル

感染状況に翻弄される飲食店
感染状況に翻弄される飲食店
 愛知県の大村秀章知事が新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用要請の協議を政府と開始し、感染抑制の対策強化が見込まれることから、外食を含め関係する業界からは困惑する声が上がっている。緊急事態宣言解除以降、回復の兆しが見えていただけに、関係者からは「どうしようもない」とため息が漏れた。ホテルには団体客のキャンセルも入り、ゴールデンウイーク(GW)を控え、翻弄(ほんろう)されている。
残り1173文字/全文1370文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2021年4月15日の主要記事

ご意見・ニュース提供
新聞広告出稿
アラジンオフィス
防犯カメラ買うなら塚本無線
オートモーティブワールド

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ9周年特別企画 ジブリの大博覧会コラボキャンペーン

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ