全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

大垣精工 HDD機能部品の生産能力増強 大垣に新工場、11月稼働 長崎工場拡張、総投資額は4億円

新工場のイメージ
新工場のイメージ
 精密金型メーカーの大垣精工(本社大垣市浅西、上田勝弘会長、電話0584・89・5811)は、大垣市浅草の同社熱処理工場隣接地に工場を新設する。11月中に稼働予定。テレワークの普及により、需要が高まるハードディスクドライブ(HDD)機能部品の生産能力強化が目的。生産増強策の一環として3月末までに、同部品を生産する長崎工場(長崎県)でも工場内拡張を実施している。総投資額は4億1千万円。
残り576文字/全文769文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジテイクアウト

2021年4月13日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ