全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

未来を描く

名大発ベンチャーメドリッジ 医療機器開発を加速 1億円規模 研究強化へ資金調達

訓練用モデルを紹介する益田社長
訓練用モデルを紹介する益田社長
 名古屋大学発ベンチャーで医療機器の開発を手掛けるメドリッジ(本社名古屋市千種区不老町1、益田泰輔社長、電話052・715・6965)が事業を拡大している。微細加工とシステム化技術を基盤に、がんの診断に役立つ機器や、新型コロナウイルスのPCR検査用訓練モデルなどを開発した。今年夏までに1億円規模の資金調達を計画し、研究開発体制を強化する。将来の株式公開も検討している。

 2019年に設立した。名大ナノライフシステム研究所の新井史人教授(現東京大学)の研究室と共同で、マイクロ・ナノレベルの微細加工技術と、センサーやロボットなどのシステム化技術を基盤とした技術プラットフォームを構築した。医療シーズを社会実装する目的がある。
 主な事業は、血液から希少ながん細胞のみを取り出す医療機器の開発や、脳外科医向けの手術用訓練モデルの販売などだ。骨の硬さや、血管の構造などを忠実に再現している。センサーを内蔵しており、負荷に対して警告音で知らせる。
 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、最近ではPCR検査用の訓練モデルを開発した。価格は300万円程度。PCR検査では、綿棒で鼻咽頭(びいんとう)をぬぐい、検体を採取する。狙ったポイントを正しい力でぬぐう必要がある。
 ただ、採取者によっては技術に差もある。実際、陽性にも関わらず陰性の結果が出る「偽陰性」も一定程度確認されている。
 益田社長は「PCR検査数は増えているが、採取する検体が悪ければ、正しいデータは得られない。トレーニングモデルを使うメリットは大きいと思う」と話す。
 すでに名古屋大学医学部附属病院で医師に体験してもらい、評価を得ている。 今後、PCR検査を実施する大学病院に加え、民間の病院、保健所などに提案していく。
 益田社長は、東京大学大学院の工学系研究科機械工学専攻で特任准教授も務める。研究開発を強化するため、今年夏までに1億円規模の資金調達を検討している。5年後をめどに上場も視野に入れており、持続的な成長を目指す考えだ。

全文843文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジテイクアウト

2021年4月10日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
「福よ来い!常滑焼✕チカマチラウンジ」 4月9日(金)~6月6日(日)開催

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2021年5月29日(土)~30日(日)
SUV&スポーティーカー祭り in オアシス21

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

栄オアシス21に大人気のSUVやスポーティーグレードカー、スポーツ特別仕様車などが勢揃い。今まで知らなかったブランドに出会えるチャンスであるとともに、乗り比べなど気軽に車の比較ができるチャンス。

【延期】2021年6月26日・27日
第8回 名古屋空港から出かけよう!日本各地の名産・観光巡りフェア

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

名古屋の真ん中に、各地の特産品がいっぱい!〜名古屋小牧空港から就航している各県の名産と観光に出会える!!〜

あいち住まいるフェア2021

2021年7月10日(土)~11日(日)
あいち住まいるフェア2021

オアシス21 銀河の広場
主催:愛知ゆとりある住まい推進協議会、中部経済新聞社

新築からリノベーションまで多様化する住まいづくりを分かりやすく来場者に提供する2日間!

2021年9月9日(木)
第16回 しんきんビジネスマッチング
「ビジネスフェア2021」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地
10:00~17:00
主催:ビジネスフェア2021実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。